FXで資産の管理と運用

FXで資産の管理と運用

FXで資産の管理と運用

当サイトでは以下の5項目を中心にFXに関する情報を紹介しています。

 

・リスク管理について

 

・利益と損失の管理について

 

・資産の安全管理について

 

・為替変動によるリスクについて

 

・金利変動によるリスクについて

 

大切なお金の管理はしっかり計画的に行いましょう。

日本人の7割が包茎だと聞きます。そんな私もその一人なわけです。
包茎の種類にも色々あり、病気に該当するのは、真正包茎とカントン包茎だと聞きます。
仮性包茎に関しては、美容外科などで包茎治療するもので他の二つに比べて圧倒的な人数がいるそうです。
私も仮性包茎なのですが、やっぱり包茎という言葉のイメージが恥ずかしいです。包茎手術したい。。。
若いころは、自然と過ごしていれば治っていく物だと思っていましたが結局現状包茎維持のまま歳を取りました。
寒い季節になると全体が縮こまり、陰毛などが挟まったりして嫌な気分になります。
そんな状態になると衛生面的にも不安になり、機能不全になったりしないか考える時もあります。
温泉などにいっても他の人の物を直視するようなことがないので本当に仮性包茎の人が沢山いるのか。
自分のが見られて笑われていたりしないのだろうかなど不安になったりもします。
やっぱり治すことが出来るのであれば仮性包茎であっても包茎治療するべきなのでしょうか?
どれくらい人が包茎手術しているのかも気になりますね。

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む≫ 2014/01/09 09:51:09

FXを行う投資家の中には、インカムゲイン(スワップ・ポイント)を目的に取引を行っている人も多くいますが、その投資家にとって大きな影響があるのが、「金利変動」と言えます。

 

スワップ・ポイントとは、2つの国の金利差調整によって得られる収益になる為、元々の金利が変動すれば、その影響を受けるのは当然の事と言えます。

 

そもそも、近年、FXや株式などのインカムゲインが重用視されている背景としては、ほぼ“ゼロ”に近い日本の低金利が原因の一つと言えます。

 

つまり、金融機関に預金をしても、利息を見込む事が出来ないほど金利が低い為、リスクが在りながらも、外貨による高い金利を利用することで、利益を上げる方がメリットが大きい、ということです。個人投資家にとって、この通貨価格への影響は、極端なことがなければ、影響は割と小さいと言えますが、将来的な為替レートの変動を予測する際には、留意するべきポイントだとも言えます。

続きを読む≫ 2014/01/07 17:45:07

FXで利益を出す方法としてキャピタルゲインがありますが、このキャピタルゲインとは、為替変動を利用した方法です。

 

しかし、為替変動による利益が出る場合もあれば、逆に、損失が出る場合もあります。それが「為替変動リスク」と呼ばれるものです。

 

しかも、FXでレバレッジ倍率の高い取引を行っている場合は、少額の投資金額にもかかわらず、多額の損失を出してしまうことも珍しくはありません。

 

ロスカットをされた時点で、含み損分の金額は取引業者に支払うことになりますが、それは、証拠金(=投資金額)から差し引かれる為、取引業者により異なりますが、全損することにも成り兼ねません。

 

この為替変動リスクの管理方法は、情報収集と分析により為替レートの変動を“読む”ことと、レバレッジ倍率を低く抑えることと言えます。

続きを読む≫ 2014/01/07 17:45:07

上場企業で取引を行うと、証拠金(投資金)は公設市場に預託されます。

 

つまり、万が一、取引業者が倒産しても、預託された証拠金は基本的に全額保護されます。

 

上場企業は、厳しい資格要件をクリアしている為、上場企業に関する情報は透明性の高いものになっています。

 

また、取引価格は複数の企業の価格の中から最も有利な価格で取引がされる為、価格の信頼性・有利性も高いと言えます。

 

他にも、スワップ・ポイントは公設市場が決める為、どの上場企業でも同じポイントを受けることになり、極めて透明性が高いといえます。

続きを読む≫ 2014/01/07 17:45:07

FXや株などの取引によって利益が出た場合、その分の収支にも所得税などの税金が関わってきます。

 

FXでのこれらの税金に関しては、基本的に自分で確定申告を行う必要があります。

 

上場企業で取引を行うことで、申告分離課税の適用を受けられ、税率も一律20%(所得税15%、住民税5%)となります。

 

この税率は、FXでの利益がいくらであっても増えることはありません。

 

一方、損失が出てしまった場合には、上場企業で取引を行っている場合、繰越控除を受けることが出来ます。

 

繰越控除とは、FXで損失を出した場合、確定申告をすることにより、翌年以後3年間で利益が出た年に、損失分を繰越して税金の計算が出来ることです。

続きを読む≫ 2014/01/07 17:44:07

FXには、レバレッジ効果によるハイリスクがある一方で、実はリスク管理のしやすい取引の一つと言えます。

 

つまり、ハイリスクなだけでなく、ローリスクな取引も行えるのがFXの特徴の一つだとも言えます。

 

主なリスク管理の方法は、レバレッジ倍率の調整です。少額で何十倍もの取引を行えることが、FXのメリットでありデメリット(=リスク)ですが、この倍率を調整することで、自分の資産に合わせたリスクに調整できます。

 

大切なのは、自分がどれだけのリスクを処理することが出来るかを計算し、それに合わせた取引内容を行うことです。

 

また、損失が出た際に見切りを付けることも、リスク管理と言えます。

 

また、リスク管理ではありませんが、株式の場合はその企業が倒産すれば、株式の価値は無くなりますが、為替の場合は企業ではなく“国家”なので、その国家が滅亡するなどの極端な例外を除き、その国家の貨幣の価値が0≠ノなることはありません。

 

その為、リスク管理さえしっかり行っていれば、全損することは、まず無いとも言えます。

続きを読む≫ 2014/01/07 17:44:07

最新ニュース

  • YAHOO天気・・・最新天気情報
  • YAHOOニュース・・・ニュース速報
  • YAHOOスポーツ・・・サッカー、野球、ゴルフ速報
  • YAHOO地図・・・地図の検索、ロードマップ
  • 美容皮膚科

  • ホーム RSS購読 サイトマップ